最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


映画「ジャンパー」ブログパーツ

Search Area
検索結果 ⇒    
|語句の検索

スポンサーサイト
[------]
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--------(--) --:-- スポンサー広告 | 編集 |

■サウス・バウンド / 奥田英朗
[20060101]

僕の父さんは元過激派とかいうやつで、いつも家にいて小説を書いている。学校なんか行く必要ないとか言うのだけれだけれど……。少年の視点を通して、変わり者の父に翻弄される家族を描く、長編大傑作!
(出版社/著者からの内容紹介より)
発売日:2005/06/30


壁唐おすすめ度:★★☆(2.5)

奥田作品を新しいものから古いものへ遡った順序で読んでいたんですが、新しい作品が出たということで読んでみました。でも…目指している方向は分かるんですが…実際の方角的にも南に向いているってことは分かるんですが…

この作品は、第1部・第2部に分かれています。1部は主人公の少年の頃の話、2部は南の島に移ってからの話になってますが、とにかく「自分の思想に従って自由に生きろ」っていう話です。

大人になってからの面白話っていうのは、実際に起ってしまうと深刻な話になってしまうことが多いです。少年時代の話はまあまあ面白くていいんですが、大人になってからも自由に生きる…っていうのは、正直「周りの人が大変だなあ」という感想でした。

実際問題、大変ですよ。主人公の親(こっちが主人公?)の印象的な最後の言葉というのが、「自分の信じる事をヤレ」という意味の言葉なんです。

でも、僕からの言葉としては「自分のやってることが本当に正しいかを確認してから、正しかったら迷わずやって欲しい」っていうことです。実際問題そういうことですよ。南の島で暮らすということ。それが本人にとっても、周りの人たちにとっても一番いいと思いますよ。

ということで「最悪」とか「邪魔」の方が好き、という結論でした。
2006-01-01(Sun) 22:00 | TB(5) | コメント(0) | 編集 |

■五十音順インデックス
[20051225]
■数字
100億稼ぐ仕事術

■あ行
アイ,ロボット
阿修羅ガール
アヒルと鴨のコインロッカー
天城一の密室犯罪学教程
宇宙戦争
ヴィレッジ
オーシャンズ12

■か行
介護入門
神に選ばれし無敵の男
空中ブランコ
クラッシュ
煙か土か食い物
CODE46
コラテラル
コンスタンティン


■さ行
最悪
サウス・バウンド
サンボマスターは君に語りかける
シャーク・テイル
邪魔
ZOO
スチームボーイ
スパイダーマン2
世界はそれを愛と呼ぶんだぜ

■た行
箪笥
慟哭

■は行
バガボンド22
バットマンビギンズ
フォーガットン
プラネタリウム
プルーフ・オブ・マイ・ライフ

■ま行
Mr.インクレディブル

■や行
ユグドラシル
夜中に井戸がやってくる
夜のピクニック

■ら行
リクルート
2005-12-25(Sun) 22:00 サイト管理 | TB(1) | コメント(0) | 編集 |

■世界はそれを愛と呼ぶんだぜ / サンボマスター
[20051218]

2ndアルバムも好調なサンボマスターのシングル「世界はそれを愛と呼ぶんだぜ」登場!
(Amazonサイトより)
発売日:2005/08/03
※右のリンクは書籍です。


壁唐おすすめ度:★★(2)

だって、同じなんだもん…
同じですよ!言いたかったのは、「同じ」なんですよ!みなさん!

内容は今まで通りのサンボマスターで、凄くイイんです。とてもイイけど、今までと同じなんですよね。サンボマスターの中のサンボみたいな全くの王道、中央道なんです。

もっと挑戦をして欲しかったです。今まで若者に売れまくってきたみんな似たような音楽に対するアンチテーゼとして出てきたんなら。そりゃ、プロデューサとかにいろいろ言われたんでしょうけど、新しいところに頑張って欲しかったです。

「サンボマスターは君に語りかける」での「週末ソウル」くらいのちょっとした変化を見たかったわけです。というわけで、評価が★×2なのは、サンボマスターもやっぱり「売れるパターン」に乗っかって行くアレとかと同じか?という失望感です。

でもやっぱり好きですよ。「新しき日本語ロックの道と光」「サンボマスターは君に語りかける」を聴いて、ついでに「恋の門」も観たし、テレビ版の「電車男」も見た。そして、めざまし天気の皆藤愛子さんも好き。話変わってるけど。

大好きなんです。なぜなら、自分の顔に、ツラに自信が無いから。
じゃなくて、魂が、魂がほとばしってるからなんですよ!
みなさん!
2005-12-18(Sun) 22:00 音楽 | TB(1) | コメント(2) | 編集 |

■シャーク・テイル / ウィル・スミス
[20051211]

クジラの洗鯨場で働くお調子者の小魚オスカーの夢は、大物となり、いい生活をすること。そんなある日、レニーと出会ったのをキッカケにひと芝居打ち、自分は“シャーク・キラー”だと大嘘を…
(Amazonより)
発売日:2005/07/22


壁唐おすすめ度:★★(2)

観ましたよ。最近のこういうアニメーションにはハズレが無いと思っていました。…思っていたんですが…が、です!30歳の男としては★×2です。

それにしても、最近はだいたいがスペシャルエディションですよね。通常版の無いスペシャルエディション。僕は、実はガラガラの映画館で優雅に観たのですが。

「シャーク・テイル」は、ウィル・スミス魚(ウィル・スミスの顔を魚の体にくっ付けた魚)と気の弱いサメが、踊りながら海の中で繰り広げるドタバタ劇です。

子供ができて、子供と一緒にこの映画を観て、どういう教訓を与えればいいのかが分からないです。というのは、サメのような凶暴なことをしちゃダメってことを教える訳にはいかないですよね。サメならサメらしく、小さい魚を食べて行かないと生きて行けないですよ、っていうのが正しいと思うわけです。

そうそう。ガラガラの映画館で大股開きでM字開脚で、優雅に映画を観る方法ですが、「子供向けアニメーションを(吹替えじゃなくて)字幕で観る」です。誰もいない!Mr.インクレディブルの時もそうだったし。

ということで、観る状況は言うこと無かったのですが、内容は僕の好みじゃなかったです。でも。そんな事ばかり言っても仕方ないので、この映画はこうでなければならなかったと思うわけです。そう、言い聞かせるわけです。

CG技術の凄さによって、海底の状況とかをもっと細かく泥だらけの海草だらけの死骸だらけだったら、引くし。ストーリーがもっとドロドロして、ホントのゴッドファーザーみたいだったら笑えなくなってきますし。声優が有名じゃ無い人たちで、売りが全く無かったら人が入らないだろうし。

さらに言えば、これと全く同じストーリー・状況・俳優だけど、実写だったらイヤですし。実際の魚の体にウィル・スミスの本当の顔が付いていたら、子供は泣いちゃうし。

妻が面白かったねって言っていたので、まあいいか、です。
2005-12-11(Sun) 22:00 映画 | TB(1) | コメント(1) | 編集 |

■プルーフ・オブ・マイ・ライフ / グウィネス・パルトロウ
[20051210]
公開:2006年1月14日(土)
出演:グウィネス・パルトロウ、アンソニー・ホプキンス

今回の映画は「プルーフ・オブ・マイ・ライフ」。
上記の通り、公開は来年なので、まだ観てないんです。ということで、「プルーフ・オブ・マイ・ライフ」オフィシャルサイトを見た感じだけで攻めたいと思います。
プルーフオブマイライフ

一見した感じからすると、いやどうみても、よくある恋愛映画みたいな画像なのです。
が、そのストーリーには、天才数学者が現れ、世紀の数学定理の証明みたいなものがキーになってくるらしいのです。

そうなってくると思い起こされるのが、マット・デイモンの「グッド・ウィル・ハンティング」とかラッセル・クロウの「ビューティフル・マインド」。更にはダーレン・アロノフスキーとかの「パイ」とかですよね。

しかし、それらと比較しても遜色ないと言えるのが、この映画に関連する賞の数々です。

この映画の監督は「恋に落ちたシェイクスピア」でアカデミー7部門、英アカデミー4部門、ゴールデングローブ3部門を受賞。この映画の元となる舞台は、ピュリッツァー賞、トニー賞などに輝いているらしいわけです。

この賞の数だけで、7+4+3+1+1で、16です。4の2乗です。そこらへんからも数学的な凄さを感じます。

また、この映画撮影の裏では、大プロデューサであったグウィネス・パルトロウの父が病気で亡くなるという出来事もあったようで、演技に深みが出ているとのもっぱらの噂です。その演技に期待すると同時に、やっぱりグウィネスは金持ちのお嬢さんだったんだという安心感もありましたが。

ちなみに「プルーフ・オブ・ライフ」という映画もあるみたいなので、間違えないように。そっちはメグ・ライアンです。

とにかく、先ほどの賞の数16から算出される期待度は、僕的な数式からいうと16です。17満点とした場合のやつでいうとです。

ただ、これはあくまで事前情報から算出した期待度です。実際に見た時には、この理論が「証明」されたかどうかを、是非ここで報告したいと思ってます。
2005-12-10(Sat) 02:15 映画 | TB(1) | コメント(0) | 編集 |

BACK HOME NEXT

copyright © 2005 壁唐ニコルソン all rights reserved.

Template By innerlife02

RSS1.0 ,
カウンタ

since 2008.03.01

RSSフィード

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する
FC2 Management
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。