最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


映画「ジャンパー」ブログパーツ

Category Area
現在表示しているカテゴリ = 【音楽】
カテゴリ一覧
その他 (0) |映画 (21) |本 (15) |音楽 (5) |ブログ/ホームページ (0) |地域 (0) |壁唐ニコルソン小説 (0) |欲しい! (0) |サイト管理 (2) |TVドラマ (0) |

スポンサーサイト
[------]
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--------(--) --:-- スポンサー広告 | 編集 |

■世界はそれを愛と呼ぶんだぜ / サンボマスター
[20051218]

2ndアルバムも好調なサンボマスターのシングル「世界はそれを愛と呼ぶんだぜ」登場!
(Amazonサイトより)
発売日:2005/08/03
※右のリンクは書籍です。


壁唐おすすめ度:★★(2)

だって、同じなんだもん…
同じですよ!言いたかったのは、「同じ」なんですよ!みなさん!

内容は今まで通りのサンボマスターで、凄くイイんです。とてもイイけど、今までと同じなんですよね。サンボマスターの中のサンボみたいな全くの王道、中央道なんです。

もっと挑戦をして欲しかったです。今まで若者に売れまくってきたみんな似たような音楽に対するアンチテーゼとして出てきたんなら。そりゃ、プロデューサとかにいろいろ言われたんでしょうけど、新しいところに頑張って欲しかったです。

「サンボマスターは君に語りかける」での「週末ソウル」くらいのちょっとした変化を見たかったわけです。というわけで、評価が★×2なのは、サンボマスターもやっぱり「売れるパターン」に乗っかって行くアレとかと同じか?という失望感です。

でもやっぱり好きですよ。「新しき日本語ロックの道と光」「サンボマスターは君に語りかける」を聴いて、ついでに「恋の門」も観たし、テレビ版の「電車男」も見た。そして、めざまし天気の皆藤愛子さんも好き。話変わってるけど。

大好きなんです。なぜなら、自分の顔に、ツラに自信が無いから。
じゃなくて、魂が、魂がほとばしってるからなんですよ!
みなさん!
スポンサーサイト
2005-12-18(Sun) 22:00 音楽 | TB(1) | コメント(2) | 編集 |

■ユグドラシル / BUMP OF CHICKEN
[20051030]

北欧神話において、世界の中心にある樹と言われる“ユグドラシル”をタイトルに掲げた、BUMP#OF#CHICKENのニュー・アルバム。
(CDジャーナルデータベースより)
発売日:2004/08/25


壁唐おすすめ度:★★★★★(5)

バンプオブチキンのアルバム聴きました。かなりいいですね。好き嫌いっていうのはサイクルだし、そのうち飽きるのかもしれないですが、一番いいと思うアルバムです。

まあこういう弁解的なコメントを入れるあたり、僕がチキンですけど。CHICKEN OF CHICKENな僕です。

とは言っても、これまで僕もそんなにバンプオブチキンのことが詳しかったわけではないです。アマチュア OF CHICHENですよ。
バンプオブチキンといえば、前髪がうっとおしくて早口で、カラオケで歌おうとすると舌を噛み切りそうな目に遭うくらいの Bites off Chicken くらいにしか思ってませんでした。

でもやっぱり歌詞がちゃんとしていて物語になってます。青臭いようでいて技術もちゃんとあるという感じです。青臭さと深さの共存ですよ。

ちなみに僕は、ドブ臭さとかあれとかのキョドーンですけど。…弁解なし。
2005-10-30(Sun) 22:00 音楽 | TB(0) | コメント(0) | 編集 |

■サンボマスターは君に語りかける / サンボマスター
[20051016]

新しき日本語ロックの金字塔を打ち立てる、極上なセカンドアルバム。サンボマスターのロックンロール、渾身のソウル、スウィートなポップが炸裂!
(Amazonより)
発売日:2005/04/28


壁唐おすすめ度:★★★★☆(4.5)

僕の祖父は、黄身に(限らず)語りかけるし…
いやあ、凄かった。テクニックは言うまでもなく、そのパワーはスゴイ。エメリヤーエンコ・ヒョードルね。ノゲイラとの一戦も凄かったし…って、言うと思ったとかやめて下さい。

ロックの方のサンボマスターです。情報によると、都内を中心にオナニーマシーンと精力的なライヴ活動を展開してたらしいですね。サンボマスターのパワーでオナニーをマシンのように、都内で展開してたらしいです。

最近は音楽雑誌を読んでないんですが、評論家はどんな評価をしてるんでしょうか?とにかく、ロックらしいロックっていう感じでしょうか。忌野清志郎のような声に聞こえたり、オリジナルラブのような大人の音にも聞こえたり、シャウトが勝俣州和に聞こえたり。あと、ラーメン屋の主人に見えたり。豚骨の。意外に幅が広いかもしれないです。

シャウトの所が歌詞が聴きづらいですが、そこには、「一万円!」とか「間違いメール!」(※この頃、1万円当選の間違いメールが届きました)とかを当てはめて一緒にシャウトしながら聴いています。

あと、映画「恋の門」の主題歌も良かった。良かったんですよ、みなさん!
2005-10-16(Sun) 22:00 音楽 | TB(1) | コメント(0) | 編集 |

■プラネタリウム / BUMP OF CHICKEN
[20050809]

バンドの代名詞/急進力とも言えるBUMP OF CHICKEN特有の疾走感あふれる、或は重厚感みなぎる既発のシングル群とはまた違う、更に特別なポピュラリティーを兼ね備えた楽曲。
(Amazonより)
発売日:2005/07/21


壁唐おすすめ度:★★★★★(5)

このおすすめ度は完全にあんたの趣味じゃねえか!と言われるかもしれませんが、そうです。100%そうです。上を向いて下を見る感じで、「うん!」です。

やっぱりバンプオブチキンは、いいですね。
毎回そうですが、今回もちゃんとしたストーリーがあって、その映像がハッキリと見えます。すごくキレイな映像です。

そのストーリーですが、4畳半の狭い部屋でコソコソと何かをするんです。もうちょっと言うと、何かを作るんです。それは是非聴いてみて欲しいんですが、さて何を作ってるんでしょう。「何を作ってるんでしょうか?」(クイズ世界はSHOWbyショーバイより)
ガンプラじゃない。爆弾でもないです。ヒントは、このタイトル。まあ答えですけど。

その手作りのものにアレンジを加えて、それを夢に見立てていきます。

まあ色々と言ってますが、ふざけたことを言いながらも涙を流しながら音楽を聴いたりしてますから。

これを聴いて、欲しくなったら是非。
2005-08-09(Tue) 22:00 音楽 | TB(1) | コメント(1) | 編集 |

■ソルファ/ASIAN KUNG-FU GENERATION
[20041028]

2004年の顔と言うべき躍進を見せた4人組のセカンド・アルバム。先行シングルはどれもポップなギター・ロックの名曲だったが、本作の収録曲は全曲それらを上回るほどのクオリティ。ヴォーカル・後藤のメロディ・メイカーとしての才能とバンドの勢いに圧倒される傑作だ。(CDジャーナルデータベースより)


壁唐おすすめ度:★★★★☆(4.5)

「ソルファ」良かったですよ。いきなりです。いきなり心を鷲づかみです。アルバム一曲目「振動覚」の唄いだしからやられました。

世界の端まで届く、こより…

です。細くちぎった紙をひねってヒモ状にしたものが「こより」ですけど、それが世界の端まで届くくらいのサイズです。よく、くしゃみを無理やり出させようとして、鼻の中に突っ込むアレです。
…ああ、すいません。こよりじゃなくて、声よりみたいですね。

あと、「ループ&ループ」のリフがゼペットストアの曲に似てるとかいう噂があるみたいですが、僕はトライセラトップスの何かの曲にスゴク似てる気がしますね。何かだけど、スゴク!です。

なんだかんだ言ってますが、このアルバム好きです。カラオケに行ってPVをゆっくり観るくらい好き。
2004-10-28(Thu) 22:00 音楽 | TB(0) | コメント(0) | 編集 |

HOME

copyright © 2005 壁唐ニコルソン all rights reserved.

Template By innerlife02

RSS1.0 ,
カウンタ

since 2008.03.01

RSSフィード

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。