最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


映画「ジャンパー」ブログパーツ

月別アーカイブ
前の月(04月)2005年05月のアーカイブ次の月(06月)

  • ■アイ,ロボット / ウィル・スミス - No12 at 2005年05月29日  (Sun)  22:00:00  [映画]
    SF作家アイザック・アシモフが作中で考え出した“ロボット3原則”をモチーフに、感情を持ってしまったロボットの姿を描いた近未来SFアクション(Oricon GEより)発売日:2005/02/04壁唐おすすめ度:★★★★☆(4.5)以降イチイチ言わないですけど、ネタバレがあるかもこれは、想像よりいいですよ。ハリウッド、ウィル・スミス、観客動員数、ドスーン(文字が出る音)っていうのは、確かに観客に期待を持たせるものかもしれないですが、逆効果で...
    ... ⇒全文

  • ■ヴィレッジ / M.ナイト・シャマラン - No7 at 2005年05月22日  (Sun)  22:00:00  [映画]
    掟を守り、隔離された生活を続ける村人たち。好奇心旺盛な青年ルシアスが森に足を踏み入れると決意したとき、森の中の「何か」が村人に恐ろしい警告を発し始める。発売日:2005/04/22壁唐おすすめ度::★★★★★(5)ネタバレに近いものがありますので。またもおすすめ度(5)です。M.ナイトシャマランが大好きなんですね、僕は。あと、M.ナイトシャマランさんがMかどうかは別にして、僕はMですよ。M.壁唐ニコルソンです。まず思うのは、M...
    ... ⇒全文

  • ■コンスタンティン / キアヌ・リーブス - No5 at 2005年05月15日  (Sun)  22:00:00  [映画]
    恐るべき可能性を秘めて未知なる領域を切り開く新時代のエンターテイメントムービー『コンスタンティン』が、遂にその全貌を現す時がやって来た!公開日:2005/04/16壁唐おすすめ度:★★★(3)ネタバレがあります囁くような小さい声で「コンスタンティン」のCMでお馴染みのコンスタンティンです。あとのキャッチコピーとしては、「オレの(フェチな)世界へようこそ」っていうのと、「あなたはこの世界を、知らない方がいい」っていう...
    ... ⇒全文

  • ■夜中に井戸がやってくる/舞城王太郎/ファウストvol.4 - No4 at 2005年05月08日  (Sun)  22:00:00  [本]
    文芸雑誌推定実売ナンバーワンを達成したVol.3から4ヶ月、『ファウスト』史上最厚の800ページというスケールで迫る、『ファウスト』Vol.4。発売日:2004/12/24壁唐おすすめ度: ★★★★★(5)今回ご紹介する本は、結構お勧めです。これからお勧め度みたいなものを書いていこうかと思ってますが、いきなり5です。これがベースになっていくので、今後キツクなってくるかもしれないですが。ですが、満点は実は違うかもしれないですからね...
    ... ⇒全文

  • ■はじめまして - No3 at 2005年05月01日  (Sun)  22:00:00  [サイト管理]
    どうも、はじめまして。激しく、はじめまして。これからここでブログを始めさせて頂く、壁唐ニコルソンです。以下、プロフィールです。このプロフィールじゃ人数数えるバイトも出来ないっていうくらいのプロフィール。--プロフィール--名前:壁唐ニコルソン性別:男地域:神奈川県以上です。無いですね、書くことが無い。随時、追加して行きたいと思います。...
    ... ⇒全文


スポンサーサイト
[------]
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--------(--) --:-- スポンサー広告 | 編集 |

■アイ,ロボット / ウィル・スミス
[20050529]

SF作家アイザック・アシモフが作中で考え出した“ロボット3原則”をモチーフに、感情を持ってしまったロボットの姿を描いた近未来SFアクション(Oricon GEより)
発売日:2005/02/04


壁唐おすすめ度:★★★★☆(4.5)

以降イチイチ言わないですけど、ネタバレがあるかも

これは、想像よりいいですよ。
ハリウッド、ウィル・スミス、観客動員数、ドスーン(文字が出る音)っていうのは、確かに観客に期待を持たせるものかもしれないですが、逆効果でもあると思ってます。というのは、全てにおいて金の臭いプンプンだから。

この映画も最初は、ハリウッドの映画を観る、という心づもりで観始めたんですが、そういうスケールの大きさとかダイナミックさとかじゃなくて面白かったですよ。

確かに、ハリウッド映画としての良さも当然あるんです。金も掛かってる。特に、アウディの車が攻撃されてボコボコになりながら、ヘリコプターのプロペラみたいに車が横回転するようなシーンもあります。車に、そういう機能が搭載されているわけでは無いのに、MIBの車みたいに走ったりもしてました。

でも、やはりストーリーが良かったです。やはりスゴイですね。アシモ。じゃなくて、アシモフ。やはり原作がいい映画は、作る側も緊張すると思いますよ。ちなみに、アシモは出てないです。アシモが進化したのが、アレだったら出てるのかもしれないですけど。

ストーリーのキモとなる所は、論理的な感じがちょっと入っていて、好きです。それは、ロボットの3原則と呼ばれる以下の規則です。

一. ロボットは、人間に危害を加えてはならない。
一. ロボットは、人間から与えられた命令に服従しなければならない。
一. ロボットは、前掲第一条及び第二条に反する恐れのない限り、自己を守らなければならない。

ちなみにうちの家庭は、「ロボット」を「僕」に「人間」を「妻」に変えた3原則だし、友達の3原則は、「飲む」、「打つ」、「買う」

加えて言うと、DVDにはアメリカのテレビドラマの第1話が入っていて、得した気分になると同時に、アイ,ロボットの記憶が薄くなる仕組みになってます。
スポンサーサイト
2005-05-29(Sun) 22:00 映画 | TB(0) | コメント(1) | 編集 |

■ヴィレッジ / M.ナイト・シャマラン
[20050522]

掟を守り、隔離された生活を続ける村人たち。好奇心旺盛な青年ルシアスが森に足を踏み入れると決意したとき、森の中の「何か」が村人に恐ろしい警告を発し始める。

発売日:2005/04/22


壁唐おすすめ度::★★★★★(5)

ネタバレに近いものがありますので。

またもおすすめ度(5)です。M.ナイトシャマランが大好きなんですね、僕は。あと、M.ナイトシャマランさんがMかどうかは別にして、僕はMですよ。M.壁唐ニコルソンです。

まず思うのは、M.ナイトシャマラン作品は、謎を提示して観客を引き付けるのがホントうまいですよね。で、その謎に対して人それぞれ期待の仕方が違って、内容とのギャップに対して批評する人もいるわけですが。

これまでのM.ナイトシャマラン作品を観て来たファンであれば、「サイン」的なオチにも期待し、監督本人の登場の仕方にも期待したりして、「ヴィレッジ」からいろいろな連想をして行くわけです。吉幾三とか。

公開当時は、「ヴィレッジに関する7つのWHY」とか5W1Hとかの事前情報を全く入れずに観たのですが、すごく満足しました。僕が思ったのはこれまでの作品を明らかに意識した作りになってますよねってことです。

シックスセンスからのアンブレイカブルの流れは明らかな感じでしたけど、今回はサインを見た観客に対する裏切りっぽい感じがとても強く出てました。

ただ、ヴィレッジのサイトには時代設定はいつっていうのをハッキリと書いてありました。そこは、ちょっと映画のキモの部分だからぼやかしておくのが正しいような気がして、ちょっとガッカリだったのですが。

あんまり内容について書いても仕方ないのでこれくらいにしたいと思います。とにかくどんな話かというと、愛をテーマにした井の中の蛙の話。
2005-05-22(Sun) 22:00 映画 | TB(1) | コメント(0) | 編集 |

■コンスタンティン / キアヌ・リーブス
[20050515]

恐るべき可能性を秘めて未知なる領域を切り開く新時代のエンターテイメントムービー『コンスタンティン』が、遂にその全貌を現す時がやって来た!
公開日:2005/04/16


壁唐おすすめ度:★★★(3)

ネタバレがあります

囁くような小さい声で「コンスタンティン」のCMでお馴染みのコンスタンティンです。

あとのキャッチコピーとしては、「オレの(フェチな)世界へようこそ」っていうのと、「あなたはこの世界を、知らない方がいい」っていうのもあります。で、観た後に「あ~知らなきゃ良かった~もうぅ~」ですよね。

同じようなキャッチコピーとしては、「ドリームキャッチャー」の「見せてあげよう。見たことを後悔するものを。」に対して、あ~後悔した。観なきゃ良かった…です。

観る前は、キアヌが喪服に着替えた「マトリックス4」かと思ってたんですが、ちょっと違いました。どっちかというと、ホラーか悪魔祓い系の映画に近いでしょうか。あと、出てくる武器はヴァンヘルシング。

でも、うちのおばあちゃんには「コンスタンティン」が「マトリックス」に見えると思います。下手すると、「マスク2」「シャル・ウィ・ダンス」も「マトリックス」かもしれないですが。

思ったのは、なんかマンガっぽいっていうことです。悪魔祓いとかの世界って、「特有のルール」があるじゃないですか。悪魔は十字架に弱いとか、鏡の中に入るとか。金属に弱くて、佐渡金山に近寄れないとか。

今回は、水が一つのキーになっていて、僕が知らない方法で悪魔を清めていきます。僕は、基本的にそういうルールが分からないですから、風呂場の水を一気飲みしたら能力が備わるとか、マヨネーズにしょうゆを入れておけば、お守りになるって言われると、それを信じてしまいます。

ということで、悪魔退治の方法は、へぇそうなんだという感じです。あと、地獄はかなり強風なんですね。

色々文句はつけてますが、普通に面白かったです。ラストの展開は、とんちオチっぽく好きな感じだし、サタンがいいおっちゃんだったし、最終のカットは笑わせる感じに仕上がってます。
2005-05-15(Sun) 22:00 映画 | TB(8) | コメント(1) | 編集 |

■夜中に井戸がやってくる/舞城王太郎/ファウストvol.4
[20050508]

文芸雑誌推定実売ナンバーワンを達成したVol.3から4ヶ月、『ファウスト』史上最厚の800ページというスケールで迫る、『ファウスト』Vol.4。
発売日:2004/12/24


壁唐おすすめ度: ★★★★★(5)

今回ご紹介する本は、結構お勧めです。これからお勧め度みたいなものを書いていこうかと思ってますが、いきなり5です。これがベースになっていくので、今後キツクなってくるかもしれないですが。ですが、満点は実は違うかもしれないですからね。Amazonとかでも5つの星で採点されてますが、実は6個の星を持つ商品がどっかに、ど~っかにあるかもしれないです。

で、今回の「ファウスト」。とにかく、立方体に近くなってきてます。800ページというスゴイ厚さ、そして重い!内容的には、乙一・舞城王太郎…(敬称略)と、僕の好きな作家が書いてます。知ってたのはこの二人だけですが。

舞城王太郎さんのは、「夜中に井戸がやってくる。」という作品で、いつもの通り子供が主人公のホラータッチ+童貞エロスです。

子供目線での色々な感情や謎がちりばめられていますが、それらが必ず伏線となって、最後に納得…しなくてもいいんだなあと、改めて思いました。

こういうライトノベルが若い人に受けているのは、書かれている感情が幼い感じだからなんでしょうか?でも、その枠の外れ方、ちょっと恥ずかしくなるような感じ、が僕は好きです。

講談社Book倶楽部 ファウスト

ところで、こんな風に紹介してたらそろそろ出るらしいですね。vol.5!



次回は、vol.5で。
2005-05-08(Sun) 22:00 | TB(0) | コメント(0) | 編集 |

■はじめまして
[20050501]
どうも、はじめまして。激しく、はじめまして。
これからここでブログを始めさせて頂く、壁唐ニコルソンです。

以下、プロフィールです。このプロフィールじゃ人数数えるバイトも出来ないっていうくらいのプロフィール。

--プロフィール--
名前:壁唐ニコルソン
性別:男
地域:神奈川県

以上です。無いですね、書くことが無い。
随時、追加して行きたいと思います。
2005-05-01(Sun) 22:00 サイト管理 | TB(0) | コメント(0) | 編集 |

HOME

copyright © 2005 壁唐ニコルソン all rights reserved.

Template By innerlife02

RSS1.0 ,
カウンタ

since 2008.03.01

RSSフィード

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。