最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


映画「ジャンパー」ブログパーツ

月別アーカイブ
前の月(05月)2005年06月のアーカイブ次の月(07月)

  • ■天城一の密室犯罪学教程 / 天城一 - No17 at 2005年06月26日  (Sun)  22:00:00  [本]
    理論と実践で提示する「本格推理の真髄」がここにある! 「幻の探偵作家」天城一の短篇集。摩耶正シリーズ全短篇も収録する。(MARCデータベースより)発売日:2004/05壁唐おすすめ度:★★(2)デビューから57年目にして初めて刊行される短編集!って…どんだけ、焦らすんですか!天城一さんったら。ずっと待ち続けた人は死んでますよ、多分。このことに関して言いますと、正直文体は古さを感じさせます。どんだけ古い感じかというと、作...
    ... ⇒全文

  • ■CODE46 / ティム・ロビンス - No15 at 2005年06月19日  (Sun)  22:00:00  [映画]
    高度管理社会と化した近未来を舞台に、禁断の愛を貫く男女の儚い恋を描いたSFラブストーリー。滞在許可証の偽造事件を調べるウィリアムは、印刷所で働くマリアと出会い恋に落ちるが…。(DVD NAVIGATORより)発売日:2005/03/04壁唐おすすめ度:★(1)マリアと出会い恋に落ちるが…何を言いたいか分からない…作品。未来のSFであり、ラブストーリーであり、上海が舞台であり、ウィルスとか遺伝子についての話であり、そして何がメインなの...
    ... ⇒全文

  • ■箪笥 / キム・ジウン - No14 at 2005年06月12日  (Sun)  22:00:00  [映画]
    美しい姉妹が長期入院を終えて帰宅。その夜、実母の悪夢を見たことを発端に、その家で怪奇現象が次々と起こる…。発売日:2004/12/24壁唐おすすめ度:★★(2)箪笥を観ました。箪笥をパカパカ開けて、下の引き出しを開けて閉めたら、上の引き出しが開いてそれを閉めたら、また下の引き出しが開いて…の繰り返しをやってました。なんか木目が怖いのと、小さい頃に貼ったシールが邪魔…じゃなくて、韓国ホラーの箪笥という映画観ました。最...
    ... ⇒全文

  • ■阿修羅ガール / 舞城王太郎 - No13 at 2005年06月05日  (Sun)  22:00:00  [本]
    恋するアイコがガーリッシュに悩んでる間にも世界は大混乱!魔界天界巻き込んで繰り広げられる物語。(MARCより)発売日:2005/04(文庫)壁唐おすすめ度:★(1)舞城王太郎さんの作品はずっと気になってたんですが、これまで手を付けていませんでした。それは、ゴチャゴチャした理由じゃなくて、文庫本になってなかったから。あと、舞城王太郎作品が気になっているのは、多分好きというわけではなくて、今までに無かった文学の「内容を確...
    ... ⇒全文


スポンサーサイト
[------]
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--------(--) --:-- スポンサー広告 | 編集 |

■天城一の密室犯罪学教程 / 天城一
[20050626]

理論と実践で提示する「本格推理の真髄」がここにある! 「幻の探偵作家」天城一の短篇集。摩耶正シリーズ全短篇も収録する。
(MARCデータベースより)

発売日:2004/05


壁唐おすすめ度:★★(2)

デビューから57年目にして初めて刊行される短編集!
って…どんだけ、焦らすんですか!天城一さんったら。ずっと待ち続けた人は死んでますよ、多分。

このことに関して言いますと、正直文体は古さを感じさせます。どんだけ古い感じかというと、作者の年齢を知らずに読み始めたら、逆に新しい感じがするくらい。一周して逆からきちゃいました。

そうそう、意外にそういう昔の文体も悪くないです。おじいちゃん風味な。おじいちゃんイズムは嫌いではないです。江戸川乱歩や戦争や家系を重んじた時代を実際の体験として伝えてくれます。あと、作者はすごく長く生きてこられてますので、多くの探偵小説を読まれているんですが、分からないものが多い。僕も昔(ついこの前って言われそうですが)は、よく読んでましたが忘れてます。

江戸川乱歩時代の探偵小説としては、面白いと思うんですが…
ただ、やはりその時代の探偵小説という枠の中で作られている感じが否めません。その枠の中では、活き活きと様々なトリックパターンを出されてはいるんですが、やはりその枠の中というか、正に探偵小説という密室の中で語られています。例えるなら、すごく考えられてはいるんですが、大喜利な感じ。

そして、この本の締めは作者のあとがきがあります。最後の言葉は、「病床から」になってました。本当にすごい。


スポンサーサイト
2005-06-26(Sun) 22:00 | TB(1) | コメント(0) | 編集 |

■CODE46 / ティム・ロビンス
[20050619]

高度管理社会と化した近未来を舞台に、禁断の愛を貫く男女の儚い恋を描いたSFラブストーリー。滞在許可証の偽造事件を調べるウィリアムは、印刷所で働くマリアと出会い恋に落ちるが…。(DVD NAVIGATORより)
発売日:2005/03/04


壁唐おすすめ度:★(1)

マリアと出会い恋に落ちるが…何を言いたいか分からない…作品。未来のSFであり、ラブストーリーであり、上海が舞台であり、ウィルスとか遺伝子についての話であり、そして何がメインなのかサッパリな映画でした。

ツカミ所が無い。ことが一番の売りで、雰囲気重視な映画なんだと思います。

先日レビュに書いた「箪笥」がドヨ~ン、ウァ~、という作品と評するならば、この「CODE46」はヌワ~ン、そして何?、という作品です。そういうヌワ~ン、ボニャ~ンという作品が好きな方は観てみて下さい。そして、僕に教えて下さい。何が面白いのか?

あと、今回の映画で確信を得たのは、「未来の女は坊主刈り」です。
2005-06-19(Sun) 22:00 映画 | TB(1) | コメント(0) | 編集 |

■箪笥 / キム・ジウン
[20050612]

美しい姉妹が長期入院を終えて帰宅。その夜、実母の悪夢を見たことを発端に、その家で怪奇現象が次々と起こる…。
発売日:2004/12/24


壁唐おすすめ度:★★(2)

箪笥を観ました。箪笥をパカパカ開けて、下の引き出しを開けて閉めたら、上の引き出しが開いてそれを閉めたら、また下の引き出しが開いて…の繰り返しをやってました。なんか木目が怖いのと、小さい頃に貼ったシールが邪魔…

じゃなくて、韓国ホラーの箪笥という映画観ました。最初は、「箪笥って…」と思いましたが、観てみると「いつ箪笥が出てくんだよ!」です。

なので、上の引き出しを開けて…じゃなくて、大塚家具に電話して…じゃなくて、本当にすみません。

映画「箪笥」についてあまり書く事が無いというか、とにかく雰囲気が怖いです。ラストのあたりで、何となく話が分かるのですが、やはり箪笥が怖いのではなくて出てくる人が怖いんですね。

人の心に潜む意地悪さと、そんな環境に生きた姉妹の悲しさは痛いほど伝わってきます。そして、観終わった後は、どよ~んと哀しい気持ちになります。

僕のお勧め度は低いですが、そういう作品が好きな方は是非観てみて下さい。僕的には、どうせならキラー・コンドームみたいに、箪笥のトビラがバカバカ開いて人間をムシャムシャ食べるくらいの方が良かったです。
2005-06-12(Sun) 22:00 映画 | TB(0) | コメント(0) | 編集 |

■阿修羅ガール / 舞城王太郎
[20050605]

恋するアイコがガーリッシュに悩んでる間にも世界は大混乱!魔界天界巻き込んで繰り広げられる物語。(MARCより)
発売日:2005/04(文庫)


壁唐おすすめ度:★(1)

舞城王太郎さんの作品はずっと気になってたんですが、これまで手を付けていませんでした。それは、ゴチャゴチャした理由じゃなくて、文庫本になってなかったから。

あと、舞城王太郎作品が気になっているのは、多分好きというわけではなくて、今までに無かった文学の「内容を確認しておきたい」から。

まず前提として「僕はバカ」っていうことは分かってる上で、文学としてこれがスゴイという人は、どこを評価しているのかを教えて欲しいです。純文学って言われるじゃないですか。(お笑いなら分かるんですが)

叩いているわけではなくて、素直に教えて欲しい。途中は飛ばしました。残念ながら読み進める気が起こらなかったから。スゴイのは…
・あの文体なのか?
・バカな女子高生から繰り出される思考と、そこから悟りを開いていくところ?
・不条理な死との世界の間の世界観?

これらはちょっと分からなかったです。僕が評価できたのは、内容じゃなくて、新しい試みに挑戦する姿勢。

昔、ドラゴンボールの鳥山明さんが出してた、文字が大きくなったり、ねじれたり、白紙のページがあったりのお笑いの小説を思い出しました。
2005-06-05(Sun) 22:00 | TB(7) | コメント(2) | 編集 |

HOME

copyright © 2005 壁唐ニコルソン all rights reserved.

Template By innerlife02

RSS1.0 ,
カウンタ

since 2008.03.01

RSSフィード

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。