最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


映画「ジャンパー」ブログパーツ

スポンサーサイト
[------]
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--------(--) --:-- スポンサー広告 | 編集 |

■箪笥 / キム・ジウン
[20050612]

美しい姉妹が長期入院を終えて帰宅。その夜、実母の悪夢を見たことを発端に、その家で怪奇現象が次々と起こる…。
発売日:2004/12/24


壁唐おすすめ度:★★(2)

箪笥を観ました。箪笥をパカパカ開けて、下の引き出しを開けて閉めたら、上の引き出しが開いてそれを閉めたら、また下の引き出しが開いて…の繰り返しをやってました。なんか木目が怖いのと、小さい頃に貼ったシールが邪魔…

じゃなくて、韓国ホラーの箪笥という映画観ました。最初は、「箪笥って…」と思いましたが、観てみると「いつ箪笥が出てくんだよ!」です。

なので、上の引き出しを開けて…じゃなくて、大塚家具に電話して…じゃなくて、本当にすみません。

映画「箪笥」についてあまり書く事が無いというか、とにかく雰囲気が怖いです。ラストのあたりで、何となく話が分かるのですが、やはり箪笥が怖いのではなくて出てくる人が怖いんですね。

人の心に潜む意地悪さと、そんな環境に生きた姉妹の悲しさは痛いほど伝わってきます。そして、観終わった後は、どよ~んと哀しい気持ちになります。

僕のお勧め度は低いですが、そういう作品が好きな方は是非観てみて下さい。僕的には、どうせならキラー・コンドームみたいに、箪笥のトビラがバカバカ開いて人間をムシャムシャ食べるくらいの方が良かったです。
スポンサーサイト
2005-06-12(Sun) 22:00 映画 | TB(0) | コメント(0) | 編集 |

コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
⇒ http://kabekara.blog9.fc2.com/tb.php/14-7f3dffd2

HOME

copyright © 2005 壁唐ニコルソン all rights reserved.

Template By innerlife02

RSS1.0 ,
カウンタ

since 2008.03.01

RSSフィード

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。