最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


映画「ジャンパー」ブログパーツ

スポンサーサイト
[------]
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--------(--) --:-- スポンサー広告 | 編集 |

■スチームボーイ / 大友克洋
[20050717]

19世紀のイギリスを舞台に、空前絶後のエネルギーを持つ驚異の発明“スチームボール”を祖父から託された発明好きな少年の冒険を描く。(Oriconデータベースより)
発売日:2005/04/14


壁唐おすすめ度:★★☆(2.5)

大友克洋監督のスチームボーイは映画館で観ました。
とにかくスチームボーイが持っているスチームボールが何なのかっていうことですが、あれはスチームつまり大量の蒸気をスゴイ圧力で一生懸命小さいボールの中に詰め込んだものです。一生懸命、
「うううううぅーーーーうがぁーーーー!!!」
っていう感じで詰め込んだものです。そして、スチームボーイはその詰め込んだ蒸気を利用し、いわゆるオナラの原理で自由自在に空を飛び回るわけです。

そうそう、ついでに言うと六本木ヒルズのスチームボーイ19世紀ロンドン展も見てきました。で、この映画は結果的にどうだったかと言うと、「作ってる側は、そりゃ楽しいんだろうなあ」ということです。

19世紀のロンドンの風景やコンピュータではないロボット達を組み立てる感覚。つまりは、小さい頃にプラモデルやジオラマを作った感覚です。そんな製作者側のあふれ出る楽しさを、少しだけ観客も感じられる…そんな映画でした。
スポンサーサイト
2005-07-17(Sun) 22:00 映画 | TB(0) | コメント(0) | 編集 |

コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
⇒ http://kabekara.blog9.fc2.com/tb.php/28-f02d3e09

HOME

copyright © 2005 壁唐ニコルソン all rights reserved.

Template By innerlife02

RSS1.0 ,
カウンタ

since 2008.03.01

RSSフィード

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。