最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


映画「ジャンパー」ブログパーツ

スポンサーサイト
[------]
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--------(--) --:-- スポンサー広告 | 編集 |

■ZOO / 乙一
[20050724]

毎日届く恋人の腐乱死体の写真。彼女を殺したのは誰か? 「犯人探し」に奔走する男を描く表題作など、書き下ろし新作を含む10編を収録した短編集。
(MARCデータベースより)
発売日:2003/06


壁唐おすすめ度:★★★★★(5)

これはおすすめというか、僕がかなり好きな本です。

乙さん(もしくは一さん)の小説は前からかなり気になっていたんですがなかなか機会が無く、やっと貸本屋で借りて読むことができました。
まあ、一番気になっていたのは乙という名前だったんですけど。
「おつ」と読むのか「きのと」と読むのか「ゼータ」と読むのかとても気になってました。

内容ですが、とても良かったですね。だいたい、長編小説っていうのも幾つかのコアになるネタを、丁度いい具合に本になるような長さに引き伸ばしているわけで、乙一の作品はそのエッセンス部分だけを取り出して、ムフギュ~って圧縮して短編にしている感じでとても良かったです。

ただ、ゆったりとした情景とか人の心とかをゆっくりと読ませるわけではなく、いきなりその設定や世界に度肝を抜かれる感じで…要はアイデア勝負っていうやつですね。そういうの好きです。

中でも、死体で家を建てる話は凄かったです。人の体を家の壁に使ってしまうんですよ。これはこれで凄く怖いんですが、さらに怖さを高めるには、テレビとかパソコンとか電子レンジも人で作っちゃったりするといいですよ。テレビの中にタモリとかみのもんたとか入れて、パソコンとかには先輩のNさんを入れて、電子レンジには松岡修造とか入れときゃいいんじゃないかなあと思います。
スポンサーサイト
2005-07-24(Sun) 22:00 | TB(0) | コメント(0) | 編集 |

コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
⇒ http://kabekara.blog9.fc2.com/tb.php/29-bab7f0b7

HOME

copyright © 2005 壁唐ニコルソン all rights reserved.

Template By innerlife02

RSS1.0 ,
カウンタ

since 2008.03.01

RSSフィード

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。