最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


映画「ジャンパー」ブログパーツ

スポンサーサイト
[------]
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--------(--) --:-- スポンサー広告 | 編集 |

■最悪 / 奥田英朗
[20051002]

無縁だった三人の人生が交差した時、運命は加速度をつけて転がり始める。比類なき犯罪小説、待望の文庫化。
(BOOKデータベースより)
発売日:2002/09


壁唐おすすめ度:★★★★★(5)
奥田英朗さんの「邪魔」がとても面白くて、すぐに本屋に走りました。
新品を買うお金は無かったので、途中で道を曲がってブックオフに行って、この「最悪」を購入致しました。

とにかくスゴイ期待をしてました。あの「邪魔」の状況が邪魔レベルだったら、「最悪」はどれだけ最悪なのか。どれだけ居たたまれない涙を流すことができるのか?と思ってたのですが、その期待通りでした。逆に言えば、「邪魔」とかなり同じような流れの話でしたけど。

僕としては、邪魔より最悪の方がちょっと好きですね。読めば読むほど奥田作品が好きになってます。だた、注意しなくてはいけないのは、奥田作品を逆から辿ってるってことですけど。最初に読んだのが「空中ブランコ」で次が「邪魔」…という風にきてます。

この「最悪」のネット上でのレビュを読んでいると、「現実感が無い」みたいな感想を持たれている方もいるみたいですが、僕は凄く現実感を感じました。テンパった時の人間の行動とか、それがうまい具合に悪い方にまとまって転がりだすようなことってありますよね。やっぱり。

今回この本を購入(105円)して、とても満足だったんですが、ただ一点だけ気になることとしては、「本の厚さ」ですね。
「邪魔」の単行本に関しては、ちゃんと上下巻に分けられていて、あまり邪魔にならないように配慮されてましたけど。
スポンサーサイト
2005-10-02(Sun) 22:00 | TB(1) | コメント(0) | 編集 |

コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
⇒ http://kabekara.blog9.fc2.com/tb.php/36-09b6cfa8
僕の父さんは元過激派とかいうやつで、いつも家にいて小説を書いている。学校なんか行く必要ないとか言うのだけれだけれど……。少年の視点を通して、変わり者の父に翻弄される家族を描く、長編大傑作!(出版社/著者からの内容紹介より)発売日:2005/06/30壁唐おすすめ度:★

HOME

copyright © 2005 壁唐ニコルソン all rights reserved.

Template By innerlife02

RSS1.0 ,
カウンタ

since 2008.03.01

RSSフィード

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。