最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


映画「ジャンパー」ブログパーツ

スポンサーサイト
[------]
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--------(--) --:-- スポンサー広告 | 編集 |

■コラテラル / トム・クルーズ
[20051106]

ロサンゼルスで平凡なタクシー運転手として12年間働いてきたマックス。だがそんな彼が乗せた客は、夜明けまでに5人の殺しを依頼された殺し屋ヴィンセント。
(Amazonより)
発売日:2005/03/04


壁唐おすすめ度:★★★(3)

「新しいトムクルーズ!」という話題の映画です。でも、まあ「トムクルーズ!」でした。このリンクはDVDですが、この映画も映画館で観ました。

そしてDVDは取り扱いに気をつけないといけません。DVDを入れるトレイの上に適当において、入れると変な風に挟まってキズが付いてしまいますから。ダメージが与えられると、これになっちゃいます。
「コラテラル・ダメージ」(って、こういうのダメ?)

この映画はカミさんと一緒ではなく、一人で「オールドボーイ」を観ようと映画館に足を運んだのですが、時間をすっかり間違えていたため、「コラテラル」を観ました。

で、いつもなんですが最初のあたりに強烈なツカミが無い映画の場合、ちょっと寝てしまうんですね。時間を間違えていたからとかじゃなくて、座席に座ると安心してちょっとだけ、寝てしまいます。

映画の内容としては....夜です。ずっと夜です。プロの殺し屋として仕事を終らせようとするトムクルーズと、それに巻き込まれてしまうタクシー運転手。なんやかんやスゴイ強引な展開もあるにはありますが、割と良かったです。

監督は、マイケル・マン監督。壁唐・さんみたいな音の感じもある名前ですが、聞いたことある名前です。

見せ所は、やはり殺し屋のトムクルーズなんだと思います。人を正確に短時間で殺すには、銃を斜めに持ったり叫んだりするのではなく、いかに無駄の無い動きをするか...

でも今までとは違うトムクルーズとは言っても、やはりカッコいいですよ。もっとまたぐらを掻きながら銃を乱射するような殺し屋かと思ってましたが、それとは正反対の感じでした。そういう普段はクールな人間がぶち切れる瞬間はドキッとする怖さがありますね。

あと、付け加えさせて頂くなら濱田マリに似た女優の人。その方が怖がれば怖がるほど、こっちも怖い。あなたが怖いです。その意味では、スパイダーマンを超えたんじゃないかなあっていうくらい。
スポンサーサイト
2005-11-06(Sun) 22:00 映画 | TB(0) | コメント(0) | 編集 |

コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
⇒ http://kabekara.blog9.fc2.com/tb.php/50-4663d90d

HOME

copyright © 2005 壁唐ニコルソン all rights reserved.

Template By innerlife02

RSS1.0 ,
カウンタ

since 2008.03.01

RSSフィード

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。