最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


映画「ジャンパー」ブログパーツ

スポンサーサイト
[------]
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--------(--) --:-- スポンサー広告 | 編集 |

■プルーフ・オブ・マイ・ライフ / グウィネス・パルトロウ
[20051210]
公開:2006年1月14日(土)
出演:グウィネス・パルトロウ、アンソニー・ホプキンス

今回の映画は「プルーフ・オブ・マイ・ライフ」。
上記の通り、公開は来年なので、まだ観てないんです。ということで、「プルーフ・オブ・マイ・ライフ」オフィシャルサイトを見た感じだけで攻めたいと思います。
プルーフオブマイライフ

一見した感じからすると、いやどうみても、よくある恋愛映画みたいな画像なのです。
が、そのストーリーには、天才数学者が現れ、世紀の数学定理の証明みたいなものがキーになってくるらしいのです。

そうなってくると思い起こされるのが、マット・デイモンの「グッド・ウィル・ハンティング」とかラッセル・クロウの「ビューティフル・マインド」。更にはダーレン・アロノフスキーとかの「パイ」とかですよね。

しかし、それらと比較しても遜色ないと言えるのが、この映画に関連する賞の数々です。

この映画の監督は「恋に落ちたシェイクスピア」でアカデミー7部門、英アカデミー4部門、ゴールデングローブ3部門を受賞。この映画の元となる舞台は、ピュリッツァー賞、トニー賞などに輝いているらしいわけです。

この賞の数だけで、7+4+3+1+1で、16です。4の2乗です。そこらへんからも数学的な凄さを感じます。

また、この映画撮影の裏では、大プロデューサであったグウィネス・パルトロウの父が病気で亡くなるという出来事もあったようで、演技に深みが出ているとのもっぱらの噂です。その演技に期待すると同時に、やっぱりグウィネスは金持ちのお嬢さんだったんだという安心感もありましたが。

ちなみに「プルーフ・オブ・ライフ」という映画もあるみたいなので、間違えないように。そっちはメグ・ライアンです。

とにかく、先ほどの賞の数16から算出される期待度は、僕的な数式からいうと16です。17満点とした場合のやつでいうとです。

ただ、これはあくまで事前情報から算出した期待度です。実際に見た時には、この理論が「証明」されたかどうかを、是非ここで報告したいと思ってます。
スポンサーサイト
2005-12-10(Sat) 02:15 映画 | TB(1) | コメント(0) | 編集 |

コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
⇒ http://kabekara.blog9.fc2.com/tb.php/64-4494f3d1
月に何度か映画を観ることが、私の楽しみのひとつ♪スクリーンの中の物語は、私の夢を叶えてくれたり忘れかけた初恋を思い出させてくれる。感情移入できる映画に出会えると、鳥肌がたつくらい感動するの。

HOME

copyright © 2005 壁唐ニコルソン all rights reserved.

Template By innerlife02

RSS1.0 ,
カウンタ

since 2008.03.01

RSSフィード

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。