最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


映画「ジャンパー」ブログパーツ

スポンサーサイト
[------]
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--------(--) --:-- スポンサー広告 | 編集 |

■ブラザーズグリム / テリー・ギリアム
[20060326]

19世紀のドイツを舞台に、呪われた森の中で起こった事件を解明しようとするグリム兄弟の物語を描いたファンタジー・アドベンチャー作品。マット・デイモン、ヒース・レジャー、モニカ・ベルッチほか出演。
(Oriconデータベースより)
発売日:2006/03/17


壁唐おすすめ度:★★★☆(3.5)

面白く無いわけじゃないんですが、なぜグリム兄弟じゃなきゃいけなかったのか?一番の不思議な点はそこでした。多分、あのストーリーでブラザーズマリオでも、ギリギリ大丈夫だったんじゃないでしょうか?

最後の方に出てくる、キレイなモニカベルッチがピーチ姫で…マリオが助けに行ったら、うぎゃ~みたいな。

どっちにしても、テリーギリアムらしい映画でした。テリーギリアムは、テリーギリアム形式があるわけじゃなくて、ハリウッド以外のものがテリーギリアムなのかもしれないですね。

今回のこの映画も「なんか変な」感じはありました。普通のシーンの中に残虐なものが急に入ってきたり、その残虐な中にギャグ(それも下らないやつ)が入ってきたりです。美しいシーンが、急に怖くなったり、平然としたなかに狂気があったり。

Amazonのレビューでは、面白く無かったみたいなコメントが多かったですが、「こういう流れ」で来たら「こう終わらないと」スッキリしないだろ!っていう人には面白く無いのかもしれないですね。

ただ、凄く面白かったとも言い難い…つまり、面白さの中に急に面白く無さが入ってくるような映画でしたね。よく分からないですが…
スポンサーサイト
2006-03-26(Sun) 22:00 映画 | TB(0) | コメント(0) | 編集 |

コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
⇒ http://kabekara.blog9.fc2.com/tb.php/68-a1131fb9

HOME

copyright © 2005 壁唐ニコルソン all rights reserved.

Template By innerlife02

RSS1.0 ,
カウンタ

since 2008.03.01

RSSフィード

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。